「はみだす」ということ。そんなに悪いことでしょうか?

画一的な社会、みんなと同じだと安心する様な、そんな没個性的人間に魅力は感じませんよね?

 

はみ出たシャツはみっともない。ケチャップがはみ出ないように慎重に食べるハンバーグって美味い?

はみ出したお腹はダイエットしなきゃダメ?白線までお下がりください。黄色い線から出ないでください

というアナウンスや土俵からはみ出したら負けというルールまで無視したくなっちゃう。(笑)

 

私たちはいつのまにか「はみださない」生きかたが正しいと思い込んできたのではないでしょうか?

息苦しさを感じつつもね。

だからときどき「はみ出たりして」ストレス解消する。そんな経験ありませんか?

幼い時は好奇心旺盛で、親に心配かけた経験ありませんか?夢中になると興奮した経験ありませんか?

おそらくその頃は、皆さん意外と「神童」と呼ばれていたんじゃないんですか(笑)

それが個性の芽生えだったはずなのに…いつから「右へ倣え」と思うようになったんでしょうかねぇ?

 

「倣え」の意味は「真似る」で、「模倣」などの熟語もあります。

「教われ」ではなく「真似しろ」といっているのですね。右って誰だったんでしょうか?

 

さあ、来年こそは、幼い頃を思い出して「はみ出ましょう」よ。本来の自分らしさを求めて。

アウトサイダーたれ!そんなスタートを応援するのが「はみだす勇気」カレンダーです。

もちろん、お子さまやお孫さまにもご好評をいただいております。

 

BIRDおおたけ

 


Facebookでは

日常的に情報発信

しています。

■リンクでご紹介

■サイト内検索

Loading